P-Fitは、Standup Paddle Magazine 編集長Reid Inouye氏によるハワイ Paddle Core Fitnessを元に開発され、日本でWow Action Sports Morry氏がさらに進化をさせた独自のメソッドです。現在、国際武道大学 山本教授、国際スポーツ医科学研究所並びに、勝浦整形外科 稲田医師によりさらに応用・研究が続けられています。2016年8月に本協会に移譲されました。
パドルに関するウォーターフィットネスを「P-FIT」と呼びます。    SUPに関しての説明はこちらから> SUPとは

P-FIT SUPインストラクター資格体系

 

●Grand master  資格管理・研究・応用
●Master      資格発行責任者(資格講習実施)
●Instructor    インストラクター(スクールなどの責任者)
●Assistant    アシスタントインストラクター(スクールやイベントのアシスタント)

 

          グレード                     

 

開催中資格講習
 P-FIT SUPアシスタント・インストラクター >詳しく見る
 開催予定日 

2017年 9月16日(土)、10月1日(日)

特別開催 7月4日(火)いすみパドルクラブにて開催

     7月22日(土)気仙沼大島パドルクラブにて開催

内容・お申し込みはこちらから

*3名以上の受講生と出張旅費宿泊費をご負担頂ければ、講習の出張開催も可能です。詳しくはお問い合わせください。

講習内容
 1.SUPの歴史
 2.P-FITの効果
 3.P-FITと体幹トレーニング
 4.体幹の構造
 5.P-FIT開催に当たっての準備
 6.ストレッチ
 7.P-FITの基本ストローク
 8.陸上でのレクチャー
 9.水上でのフィットネス
 10.様々な動きを取り入れたフィットネス
 11.レスキュー
 12.SUPのこれから
 13.インストラクションとパドリング実習
 14.P-FIT講習 最終テスト

資格取得条件

 ●Assistant    どなたでも受講できます。

 ●Instructor   アシスタントを取得後。6ヶ月間の実務経験か同等の技術

 ●Master   役員会の承認、過去1年間でインストラクター、アシスタント講習の補助実績

 ●Grand master 理事会の推薦

資格有効期間

2年。 2年ごとに更新講習の受講が必要です。当協会の会員資格を有していること。

資格管轄機関の移譲について

これまでWowAction Sports株式会社の管理下の元講習を行ってまいりましたが2016年8月より本協会の管轄となりました。SurftechJapan及びWowActionSports発行のP-fit講習修了証をお持ちの方は、ご入会の上、資格更新を行ってください。

資格更新について

P-fit SUP アシスタント・インストラクターのいる全国のお店

npowflogofinalのコピーnpowfaadd